[一般の方]トップへ

  血管造影検査(アンギオグラフィ―)とは、主に足の付け根や手首などの血管から細い管(カテーテル)を挿入し、頭や心臓をはじめとする体の血管を検査することです。血管経由で様々な器具(血管を広げる風船、血管径を確保する為のステント、血管内超音波装置、血栓回収デバイス等)を目的部位に到達させることで、外科的な手術に比べて低侵襲に検査や治療を行うことができます。
  現在血管造影検査に使用されている装置は、患者さんや医療従事者の放射線被ばくの低減や画質の向上が図られており、加えて装置を様々な形で用いた検査、治療支援方法が開発されています。また、検査で使用する造影剤の副作用が少なくなったことや、優れた医療器具の開発により、年々この手技の適用範囲が広がっています。

-主な検査や治療-
○心臓の冠動脈狭窄による心筋梗塞の治療
○大動脈解離や動脈瘤に対するステント留置
○頭蓋内出血・脳梗塞・動脈瘤などの脳血管の病変や脳腫瘍の治療
○肝臓や骨盤内など体幹部の様々な腫瘍の治療や外傷による出血に対する止血
○下肢動脈の閉塞・狭窄などに対する血管拡張治療







TART Homepage