[一般の方]トップへ

  放射線の一種であるX線を照射して写真を撮る検査です。
  人は骨、筋肉、脂肪、血液などでできており、それぞれの臓器のX線吸収率が異なるため、その差を白黒の画像としてフィルムやモニタに表示することができます。
  最近ではフィルムを使用した撮影は減少傾向にあり、多くの病院やクリニックの撮影室では最新鋭のフラットパネルディテクタ(FPD)やCR (Computed Ragiography)を利用することが多くなっています。
  撮影する部位に装飾品(金属・プラスチック)があると写真に写りこんでしまうため、診断に支障をきたします。その為、ネックレス、ヘアピン、エレキバン、湿布、使い捨てカイロ、ブラジャー、アクセサリー、腕時計等は外していただく事がありますのでご協力をお願いします。
  プリントや刺繍のある衣類も、プリント部分が写真に写り込んでくることがあります。その場合は検査衣を用意していますのでお着替えください。妊娠している方、またはその可能性のある方は必ず検査前に担当技師にご相談ください。その他、検査に関して不明な点は技師にお尋ねください。
  診療放射線技師は最新の技術を駆使し、患者さんのX線からの被ばくを最少限に抑える努力をしていますので、安心して検査を受けることができます。診療放射線技師は被ばくに関する知識も持ち合わせていますので、放射線検査についての不安がありましたら、担当の診療放射線技師にお気軽にお尋ねください。







TART Homepage