[一般の方]トップへ

  骨塩定量検査は、骨粗鬆症を診断するために骨中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の量を測定する検査です。ごくわずかなX線(胸部X線撮影の1/5以下)を用いて測定値(計測値)をコンピュータにより解析して算出し、正常な値(標準値)と比較することにより骨塩量を知ることができます。早期に診断することにより骨折によるQOL(生活の質)の低下を予防することができます。
  検査方法は信頼性の高いDXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法の検査を説明します。

主な対象
検査方法
注意事項(以下の方は検査できません)







TART Homepage